犬ラボ

安全なドッグフードの選び方や犬の病気と健康をサポートする情報サイト

犬の歯周病(歯石、歯垢、虫歯) - 症状・原因・治療・予防

   

wood-animal-dog-pet (1)

犬も人間と同様に、歯石、歯垢、虫歯になったり、歯周病になったりします。

主な症状は、食べるのが遅くなる、口臭、歯茎の赤みや出血、歯がぐらつく等が挙げられます。

予防法としては、柔らかい食べ物ばかりを与えず、ドライフードの比率を増やす。

定期的に歯磨きをするなどが挙げられます。

毎食後に歯磨きをすることは難しいですが、最近は、歯石の付着を軽減するおやつや、デンタルケアグッズも販売されていますので、これらを利用するのも有効と言われています。

犬の歯周病(歯石、歯垢、虫歯)の症状

歯周病に罹ると歯茎が赤く腫れ、おもちゃで遊んでいるときに血が付着したり、硬いものを噛んだときに歯茎から出血するすることがあります。

口臭も目立つようになりますが、初期の段階では、歯自体はしっかりとしていてぐらつくこともありません。

これが進行してくると、ちょっとしたことでも歯茎から出血を起こし、口臭も腐敗臭のような強烈なものになってきます。

放置すると歯周組織がどんどん破壊されて歯がぐらつき、抜け落ちてしまうこともあります。

歯石、歯垢、虫歯と深い関係にあり、特に歯垢、歯石は歯周病と虫歯の原因になります。

定期的に歯を見て変色していたり、歯石がこびりついていないか確認することが大切です。

また、食べ方がおかしかったり、遅かったりしたら虫歯で歯が痛いことが考えられます。

犬の歯周病(歯石、歯垢、虫歯)の原因

犬は、人間と身体の構造が異なるため、栄養を得るために必要な食べ物が異なります。

また、人間のように歯磨きをする習慣がないので、口の中に汚れが蓄積して口内疾患み見舞われることも少なからずあります。

特に人間に飼われている犬は、人間と同じ食べ物を摂取することが多いため、歯石、歯垢、虫歯などが生じやすくなっています。

更に加工食品に含まれる砂糖などの添加物が症状を促進させて、歯周病などの重大なトラブルに発展してしまう場合もあります。

また、市販のドッグフードの中には、希に歯を痛めてしまう成分が混在しているものもありますから、極端に安価な製品を与えるのは控えるようにしましょう。

犬の歯周病(歯石、歯垢、虫歯)の治療と予防

治療方法としては、歯石と歯垢の除去です。

歯垢や歯石は細菌の繁殖しやすい環境にあるため、放置しておくと、細菌が繁殖して歯肉と歯の周りの組織に炎症を引き起こし歯の根元が腫れたり、出血したりします。

症状がひどい場合は抜歯します。

ただ、抜歯する場合は、暴れて怪我をしたり、治療ができなかったりするので歯の治療には、全身麻酔が必要になります。

予防法としては、犬用の歯ブラシがありますので、それを使用して普段から歯磨きをしてあげると良いでしょう。

まずは、歯のブラッシングが基本となります。

まとめ

犬も人間と同様に、歯石や歯垢が溜まったり、虫歯になったりします。

また、歯周病に罹ると歯茎が赤く腫れてきます。

ですから、日頃から、口の中の環境を整えることが大切になります。

最近は、犬用の歯のケア用の製品が市販されていますので、これらを有効に活用すると良いでしょう。

おすすめの犬用オーラルケア・デンタルケア

無添加ドッグフードランキング

ネルソンズ

  • 穀物不使用
  • 人工添加物不使用
  • 低アレルギー
  • 腸内環境サポート
  • 関節サポート

ネルソンズ」はイギリスのトップブリーダーが自身の愛犬のために開発した高品質のドッグフードです。最高レベルの栄養素が含まれています。穀物や人工添加物を使っていない100%安全なドッグフードです。腸内環境を整えて免疫力をアップさせます。また、グルコサミン・コンドロイチン配合で関節機能をサポートします。

カナガン

  • 穀物不使用
  • 人工添加物不使用
  • 全犬種向け
  • 全ライフステージ対応
  • 高嗜好性

カナガン」は犬本来の食生活に近い、バランスのとれた配合です。また、嗜好性がよく多くの犬が喜んで食べてくれます。原材料は人間が食べれるほど高品質なものを使用しています。全犬種、全ライフステージに対応している優れたドッグフードです。

ナチュラルドッグフード(NDF)

  • 100%無添加
  • アレルギー対応
  • 給与量2分の1
  • 高嗜好性
  • 全犬種向け

NDFナチュラルドッグフード」は添加物を使用せず、本来の自然治癒力を引き出します。また、素材がよく、かつ愛犬が喜んで食べてくれます。

 - 口(口腔)