犬ラボ

安全なドッグフードの選び方や犬の病気と健康をサポートする情報サイト

犬の痴呆 - 症状・原因・治療・予防

   

animal-dog-pet-cute-1

痴呆(認知障害症候群)は、老化によって脳の機能が低下してしまうことで発症します。ある研究では、人間よりも犬の方が発症率が高いという結果があります。

症状は、様々ですが、異常行動という形で徐々に症状が現れ、進行していく病気です。

よく知っているはずの場所や人を認識することができなくなったり、大好きな人やおもちゃへの反応が鈍くなったり、昼夜の睡眠サイクルが狂い、夜鳴きが始まったりすることがあります。

その他、トイレの失敗が増えたり、ぼんやりしたりすることも、認知症の症状の1つであると言われています。

犬の痴呆の症状

犬の痴呆は、人間と同様に物忘れの悪化や排泄物を食べるような異常行動が特徴です。

また、周囲の状況を性格に認識することができなくなり、夜中に大声で鳴いたり、激しく動き回ることがあります。

また、疲労や痛みを正常に感じることが出来ず、気づかないうちに大きなダメージを受けてしまうことがあるので飼い主は細心の注意をはらう必要があります。

犬の飼育環境が改善されて心身ともに負担が少ない状態で長く飼い続けることで寿命が延びました。

しかし、その一方で脳の老化が顕著になった結果、人間と同様に痴呆になってしまう犬が増加している傾向にあると言われています。

犬の脳の機能が低下してしますと飼い主との信頼関係が喪失して家から逃げ出したり、危険な状態を把握することができず怪我をしてしまう場合があります。

犬の痴呆の原因

痴呆は、病気から発症するタイプのものが挙げられます。

脳梗塞や脳出血といった脳の血管が関係した病気から起こることが多いと言われています。

これらの病気は、脳への栄養や酸素不足へとつながり、脳の機能が低下することになるので、その結果として症状が出てきてしまいます。

また、加齢も大きな原因の1つであると考えられています。年齢を重ねることによって、脳の神経細胞が減り萎縮するのです。

この他には、ある特定の種類のタンパク質が脳に蓄積し、これが脳の伝達障害を起こし、脳の機能を低下させてしまうこともあります。

更に、酸化物質の蓄積が脳の細胞にダメージを与えてしまうことも、原因と言われています。

いずれにしても、痴呆を発症する原因やメカニズムに関しては、未だ解明されていないことが多いのが実情です。

犬の痴呆の治療と予防

治療方法としては、EPAやDHA等が含まれたサプリメントや餌をあげることが効果的です。

また、飼育環境を変えて広い空間を作ったり、気軽に遊ぶことができる環境を作ることが大切になります。

犬の名前を呼んだり、声をかけることによって、症状を改善できる可能性が出てくるでしょう。

予防としては、痴呆の予防はとても難しいのが現実です。

ですから、日頃から早期発見・早期治療を意識することが大切となります。

日常的に刺激が少ない生活をさせていると、痴呆を発症させるリスクを高めることになるので注意が必要です。

まとめ

脳の機能は一度低下すると回復しないため、痴呆を発症した場合には、進行を遅らせる対症療法が重要になります。

この意味でも、早期発見・早期治療が大切になります。毎日の生活の中で変化を与えて脳に過度な刺激を与えることでその機能の低下を防ぐ方法もありますので、日頃から獣医と相談することが重要と言えます。

シニア犬におすすめなドッグフードの選び方

無添加ドッグフードランキング

ネルソンズ

  • 穀物不使用
  • 人工添加物不使用
  • 低アレルギー
  • 腸内環境サポート
  • 関節サポート

ネルソンズ」はイギリスのトップブリーダーが自身の愛犬のために開発した高品質のドッグフードです。最高レベルの栄養素が含まれています。穀物や人工添加物を使っていない100%安全なドッグフードです。腸内環境を整えて免疫力をアップさせます。また、グルコサミン・コンドロイチン配合で関節機能をサポートします。

カナガン

  • 穀物不使用
  • 人工添加物不使用
  • 全犬種向け
  • 全ライフステージ対応
  • 高嗜好性

カナガン」は犬本来の食生活に近い、バランスのとれた配合です。また、嗜好性がよく多くの犬が喜んで食べてくれます。原材料は人間が食べれるほど高品質なものを使用しています。全犬種、全ライフステージに対応している優れたドッグフードです。

ナチュラルドッグフード(NDF)

  • 100%無添加
  • アレルギー対応
  • 給与量2分の1
  • 高嗜好性
  • 全犬種向け

NDFナチュラルドッグフード」は添加物を使用せず、本来の自然治癒力を引き出します。また、素材がよく、かつ愛犬が喜んで食べてくれます。

 - 神経系