犬ラボ

安全なドッグフードの選び方や犬の病気と健康をサポートする情報サイト

トイプードルにおすすめなドッグフードの選び方

   

pexels-photo-57627
「トイプードル」と聞けば、ほとんどの人があの可愛い見た目を思い浮かべられるという位、世代を問わず人気の犬種のトイプードル。色々な犬種の中でも常にTOP3に入ってくるほどの人気犬ですよね。

見た目が可愛い、性格が社交的で温和なので飼いやすい、小型犬なので飼いやすい、手入れが思ったよりも楽で飼いやすい、賢くてしつけがしやすいなど人気の理由はいくつもありますね。

これはトイプードルに限った話ではありませんが、せっかく家族として迎える愛犬とは一日でも長く元気に一緒に暮らしていたいそう思いますよね。

トイプードルの寿命とドッグフード

犬種によっても平均的な寿命は違ってきますが、トイプードルの平均的な寿命は14~17歳と言われています。

これを聞いて驚かれる方も多いのではないでしょうか。私達人間もそうですが、犬の寿命も昔に比べて確実に伸びているのです。それはなぜでしょうか?

まず、室内飼いが増えたこと、予防接種などをきちんと行う飼い主が増えたこと、ドッグフードなどで犬の食事内容が良くなったことがあげられます。これらにより、昔に比べて犬の寿命が伸びたのではないかと考えられています。

トイプードルのドッグフードの選び方

それでは、そんな愛犬の寿命をも左右するドッグフードについて色々とみていきましょう。

昔は、庭に犬小屋がありそこで飼われていた犬を多くみかけました。 しかし、最近はマンションなど生活環境の問題もあり小型犬の人気が非常に高く室内で飼うという方が増えてきています。

また昔は庭先で飼われている犬にご飯にお味噌汁をかけた食事を与えていたりなどという事もよく見かける光景でした。 しかし、最近では愛犬の健康面を考えドッグフードを食事として与えるという方がほとんどかと思われます。

犬がネギ類やチョコレート、アルコールなどを多量に接種してしまうと、最悪の場合死に至る事があるという事も現在では多くの愛犬家の方が知っていますが、昔は知らずに玉ねぎなどが入ったお味噌汁を与えてしまったりなどという事もあったようです。

大事な家族の一員である愛犬に少しでも長く元気でいてもらうには、やはり人間と同じ食事ではなく犬の健康を第一に考えて作られているドッグフードを食べさせる事が愛犬にとって一番いい事だといえるでしょう。

ドッグフードならどれを与えても大丈夫なのか?どれがいいのかはどうやって決めたらいいのか?これ、意外と悩む問題ですよね。

売り場に行くと、犬種であったり、味、年齢別、持病によってなど本当に様々なドッグフードが売られています。

人間もそうですが、犬にも好みがありますのでまずは愛犬が好んで食べてくれること、そしてそのドッグフードを食べて愛犬の状態はどうかをしばらくの間観察してから決めるのがいいでしょう。

まとめ

最後にトイプードルにおすすめなドッグフードを選ぶポイントを3つ挙げたいと思います。

1.小粒であること

トイプードルは小型犬ですから、その体の大きさに合わせて小粒の物がいいでしょう。

2.人工添加物が入っていないもの

人体にもそうですが、愛犬にも危険のある人工添加物フリーのものを食べさせてあげるのが長
生きへの一歩でしょう

3.お肉がたくさん入っている

本来犬は肉食です。栄養豊富なお肉をたくさん摂らせてあげたいですね。
これらを頭の片隅に置きながら、ご自分の愛犬の表情や様子などを観察し一番いいと思えるドッグフードに出会えるといいですね。

無添加ドッグフードランキング

ネルソンズ

  • 穀物不使用
  • 人工添加物不使用
  • 低アレルギー
  • 腸内環境サポート
  • 関節サポート

ネルソンズ」はイギリスのトップブリーダーが自身の愛犬のために開発した高品質のドッグフードです。最高レベルの栄養素が含まれています。穀物や人工添加物を使っていない100%安全なドッグフードです。腸内環境を整えて免疫力をアップさせます。また、グルコサミン・コンドロイチン配合で関節機能をサポートします。

カナガン

  • 穀物不使用
  • 人工添加物不使用
  • 全犬種向け
  • 全ライフステージ対応
  • 高嗜好性

カナガン」は犬本来の食生活に近い、バランスのとれた配合です。また、嗜好性がよく多くの犬が喜んで食べてくれます。原材料は人間が食べれるほど高品質なものを使用しています。全犬種、全ライフステージに対応している優れたドッグフードです。

ナチュラルドッグフード(NDF)

  • 100%無添加
  • アレルギー対応
  • 給与量2分の1
  • 高嗜好性
  • 全犬種向け

NDFナチュラルドッグフード」は添加物を使用せず、本来の自然治癒力を引き出します。また、素材がよく、かつ愛犬が喜んで食べてくれます。

 - ドッグフードの選び方