犬ラボ

安全なドッグフードの選び方や犬の病気と健康をサポートする情報サイト

鹿肉ドッグフードの評判とメリット - 犬にとって本当に良い食事とは

   

pexels-photo (21)
鹿のお肉を食べたことがあるという方、そんなに多くはないのではないでしょうか。

なぜなら、日本では鹿肉はスーパーに鶏肉や豚肉、牛肉のように並んで売られているようなものではないですよね。

ですが、この鹿肉。ヨーロッパなどでは、最上の肉として高級レストランなどでよく食べられているのです。

鹿肉はタンパク質や鉄分が豊富なのに対し、脂質やカロリーは低いという、とても栄養価に優れた優秀な食材なのです。

このように聞くと、この栄養価の高い鹿肉をぜひ愛犬にも食べさせてやりたい!そう思う飼い主さんは多いことでしょう。

そんな飼い主の想いを叶えられる、鹿肉のドッグフードについて調べてみましょう。



本当に犬にとって必要な食事とは

まず、犬が肉食だという事はみなさんご存知でしょうか?

犬はなんでも食べるから雑食なんじゃないかと思っている方もいるかもしれませんが、本来は犬はオオカミを祖先とする肉食動物なのです。これは現在でも変わっておらず、犬の歯や腸の長さなどから証明されていることなのだそうです。

そう考えると犬が肉をメインとした食事をする必要性があるのがわかりますよね。お肉の中でも、鹿肉は鶏肉、豚肉、牛肉と比べ高タンパク、低カロリーで鉄分やビタミンB2も多く含まれています。

また、よく青魚に含まれていることで有名なドコサヘキサエン酸(DHA)も含まれています。
鹿は他の動物よりも体温が高いので寄生虫などがつきにくいことから、鹿肉は清潔なお肉とも言われています。

ここまで知れば、これほど犬にとっていい事尽くしで必要な栄養素が豊富な鹿肉のドッグフードをぜひ食べさせてあげたい!そう思われますよね。

また、店頭などでよく目にする多くのドッグフードには穀物が多く入っているものが多く、その為か最近はアレルギーを持つ犬が非常に増えたとも言われています。

なぜなら、犬の消化器官は私達人間と比べて短く、穀物などの炭水化物を消化するのには適していないからです。

とはいえ、穀物全般が犬にとって不適というわけではなく、アレルギーを起こしやすいといわれている小麦やとうもろこしは避けたいということです。

こういった犬のアレルギーなどを予防するためにも、良質の肉を主原料とした高タンパク質のドッグフードを与える事が望ましいでしょう。

愛犬が年をとってきたからこそ元気にしてくれるドッグフードを選ぼう

また、愛犬が高齢になるとよくシニア用とかかれたドッグフードに切り替える方がいらっしゃいますがそれにより愛犬が病弱になったり足腰が弱くなり年をとったな、と感じるようになったとしたら、そのシニア犬用のドッグフードが合わない事が原因かもしれません。

シニア犬こそ高タンパク質のドッグフードを必要としている、そう言えると思います。タンパク質こそが引き締まった筋肉を作り、健康を維持してくれると言えるでしょう。

このような事からも、鹿肉を主原料とするドッグフードは愛犬の健康を守ってくれる最適のドッグフードとも呼べるのではないでしょうか。

愛犬と共に笑顔で年齢を重ねていくためにも、鹿肉のドッグフードを一度試してみたら、高タンパク質・低炭水化物の食事こそ高齢犬に必要な食事と言える事もおわかりいただけるのではないでしょうか。




獣医師が愛犬の立場になって開発した
鹿肉ドッグフード「ドッグスタンス」

無添加ドッグフードランキング

ネルソンズ

  • 穀物不使用
  • 人工添加物不使用
  • 低アレルギー
  • 腸内環境サポート
  • 関節サポート

ネルソンズ」はイギリスのトップブリーダーが自身の愛犬のために開発した高品質のドッグフードです。最高レベルの栄養素が含まれています。穀物や人工添加物を使っていない100%安全なドッグフードです。腸内環境を整えて免疫力をアップさせます。また、グルコサミン・コンドロイチン配合で関節機能をサポートします。

カナガン

  • 穀物不使用
  • 人工添加物不使用
  • 全犬種向け
  • 全ライフステージ対応
  • 高嗜好性

カナガン」は犬本来の食生活に近い、バランスのとれた配合です。また、嗜好性がよく多くの犬が喜んで食べてくれます。原材料は人間が食べれるほど高品質なものを使用しています。全犬種、全ライフステージに対応している優れたドッグフードです。

ナチュラルドッグフード(NDF)

  • 100%無添加
  • アレルギー対応
  • 給与量2分の1
  • 高嗜好性
  • 全犬種向け

NDFナチュラルドッグフード」は添加物を使用せず、本来の自然治癒力を引き出します。また、素材がよく、かつ愛犬が喜んで食べてくれます。

 - ドッグフードの選び方